高齢出産とダウン症の確率 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産とダウン症の確率


社会的変化に伴って高齢出産の方が増えてきた現代、色々なリスクが問題視されてもいます。高齢出産では妊娠中毒症と呼ばれていた妊娠高血圧症候群の問題に、ダウン症の子供が生まれる危険性などが多く取り上げられているのです。
しかし高齢出産だからこれらの病気や問題が起きるとは一概には言えないのです。20代での出産であっても、これらの危険性はありますから、あくまで割合が多く見られるというだけです。
ダウン症の子供が生まれる確率とは、20歳未満では2000人に一人、高齢出産で35歳以上の場合は400人に一人、45歳以上では30人に一人という統計が出されています。この数字だけを見ても、高齢出産による割合が高く思われるでしょう。
ダウン症の原因には遺伝的な要因よりも、偶発的な要因で染色体の数が1本多くなることからと考えられています。症状としては心疾患などの合併症や特有の顔つき、運動能力や知能の発育問題などです。
ダウン症の子供は寿命が短いと言われていましたが、現在では医療の発展によって伸びてきていると言われています。高齢出産の時は多く問題視される点でもありますので、多くの方は出産前検査を受ける方が増えてきています。
高齢出産でダウン症が起こりやすいのは、体内に残った卵子が年齢とともに老化していることが原因と考えられてもいます。排卵を待っていた卵子ですから、年月とともにダメージが蓄積されてダウン症の危険性が高まるということなのです。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.