申請すれば戻る高齢出産費用 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

申請すれば戻る高齢出産費用


高齢出産だけに限らず、妊婦検診や出産には多額の費用がかかります。しかし、手続きや申請を行うことによって、戻ってくるお金があることを知っておきましょう。
加入している健康保険の種類によって、戻ってくる費用に違いがあることがありますので、自分や配偶者の健康保険制度を、しっかりチェックして、賢く活用しましょう。
高齢出産であるなしにかかわらず、妊娠4ヶ月以上で出産すると、出産育児一時金として、子一人に付き、38万円が給付されます。
平成21年10月からは、さらに4万円アップされて42万円になる予定です。
出産育児一時金は、申請しないと支給されませんので、必ず申請するようにしましょう。
出産育児一時金は高齢出産後すぐに申請した場合、1ヶ月程度で指定口座に入金されます。もし申請し忘れていても、2年以内なら申請が可能です。
また、高齢出産前に事前申請しておくと、出産育児一時金が、産院に直接振り込まれ、高齢出産後は不足分のみの支払い、または過剰分の払い戻しになるので便利です。
事前申請が出来ない場合、出産融資制度を利用すれば、出産育児一時金の中から、一時的に融資を受けることも可能です。
他にも、申請すれば戻ってくる費用として、出産手当金、育児休業給付金、確定申告による還付金などがありますので、きちんと申請するようにしましょう。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.