高齢出産の概要について 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の概要について


「高齢出産」の”高齢”とは、何歳を指しているかご存知でしょうか。
一昔前までは、高齢出産の”高齢”とは「30歳以上」の女性が出産することを指していました。1992年以降は、「35歳以上」の女性が初出産することを指すように変更されました。近年の医学の目覚ましい発展によって、日本人の平均寿命が延び、妊娠・出産リスクを軽減できる医療技術が整ってきました。このような理由によって、「30歳以上」から「35以上」に変更されたそうです。
近年においても、35歳以上の女性の妊娠・出産は、いろいろな危険性が増加するものです。そのようなリスクの有無で区別するためにも、35歳以上の初産を高齢出産と位置付けています。当然のことですが、20歳代の人でも難産であったり、40歳代の人でも安産であったり、個人個人によって妊娠・出産に伴うリスクは異なります。しかし、依然として、35歳以上の妊娠・出産に伴うリスクが増加傾向にあると言うことは事実なのです。
35歳以上が妊娠する確率は低くなります。また、高齢出産の場合、流産やダウン症などの危険性も高まります。高齢出産を行うことを心配する人も多いかもしれません。確かに、一昔前の高齢出産の場合、医療技術も低かったため高いリスクを伴っていました。近年の医療技術は著しく急発展を遂げており、安全率も高くなっています。そのため、高齢出産の場合でも、妊娠中に何も異常が発生しなければ、出産も問題なく行われるケースが多いようです。
今後も、日本の医療技術はより一層進展することでしょう。それに伴って平均寿命も年々長くなると推測でき、高齢出産の年齢も高くなることと言われています。現時点における日本の高齢出産の最高記録は「60歳」です。近い将来に、この高齢出産の年齢を超える出産もあるかもしれません。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.