子供のための高齢出産 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

子供のための高齢出産


社会的変化から女性の結婚が遅く初産も高齢化してきています。35歳以上で始めての出産となった方は一人で十分と考えられる事が多いのですが、逆に経産婦さんの中には高齢出産になっても二人目が欲しいと望まれる方が多いのです。
ここには経済的な余裕も見られるようになりましたが、何より子供には兄弟を作って上げたいと望まれている場合が多くみられます。高齢出産が初産の方は、それでも二人は欲しいと望まれていながらも実際の苦労を考えると諦められます。それだけ高齢出産には体力が求められるということです。
とはいえ高齢出産でも初産の時と比べると、経産婦の場合は分娩にかかる時間が短くなります。もちろん既に経験済みですから精神的な心構えもできているので、安定した状態で出産に望む事が出来るのです。
高齢出産で気を付ける事は、適度な運動を心がけ食事による体調管理をされることです。出産に向けて十分な体力を作っておく事が、高齢出産には大切な事なのです。経産婦の方でみられるのは、事前に幾つぐらいで二人目を生もうか考えられていたという方です。
出産を経験していることから必要な体力などを考慮して、幾つまでなら生める計画していた方が多いのです。高齢出産には幾つもの注意点がありますので、夫婦の間で良く話し合い医師の指示を仰がれることをお勧めします。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.