高齢出産に行なわれる出産前検査 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産に行なわれる出産前検査


高齢出産に対するリスクが高いと言われており、様々な病気を早期に発見して安全な分娩を行なうために、出産前検査が必ず行なわれます。
高齢出産で一番気を付けたい病気とは「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「ダウン症」という病気です。中でも「ダウン症」に対する懸念が多く持たれており、高齢出産の場合はダウン症の子供が生まれやすいなどと言われてもいました。
しかし、高齢出産だからダウン症の子供が生まれてしまうわけではなく、どの世代でも考えられる危険性なのです。現在では出産前に子供がダウン症であるか否かを検査することができるようになりましたので、昔ほど心配される必要はありません。
ただしこの検査には未だに賛否両論が飛び交っており、医師の説明を元に良く考えられる事をお勧めします。ダウン症に行なわれる検査とは、超音波検査や血清マーカー検査、スクリーニング検査などがあり、どれも赤ちゃんに以上がないかを見る検査です。
高齢出産の方に多く行なわれている検査では、羊水検査があります。これは赤ちゃんの状態を見る一般的な検査であり、同時にダウン症の疑いがないかも調べる事が出来ます。高齢出産に行なわれる検査でも問題なのが、何らかの検査結果によって中絶という方法を選ぶか否かを求められることです。
高齢出産の方は事前に色々な情報を得て備えていますが、検査を受けるのかは夫婦できちんと話し合われることが一番です。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.