高齢出産の分娩方法について 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の分娩方法について


高齢出産の場合、本人が「自然分娩」を望んだとしても、担当医師から「帝王切開」を進言されるケースもあるようです。多くの女性は、帝王切開と言われる分娩方法に拒否反応を示します。しかし、自分自身と胎児の安全性を考慮し、担当医師が検討した結果です。担当医師の進言を受け入れた方が良いケースもあります。
高齢出産の場合、最初から帝王切開を実施するケースもあります。その他にも、自然分娩に長時間かかり過ぎた場合、高齢出産と言うことを配慮して、途中で帝王切開に切り替えるケースもあるようです。これは、様々な出産トラブルを回避するためには不可避な選択でしょう。なお、帝王切開とは、母体の腹部と子宮を切開し、胎児を取り上げる手術のことです。この手術は下半身麻酔を行うため、母親は赤ちゃんの産声を聞くことができます。
高齢出産の場合、「吸引分娩」と言われる分娩方法も頻繁に行われています。吸引分娩とは、シリコン製吸引カップなどを胎児の頭に吸着させて、母体の外に引っ張り出す方法です。吸引カップを吸着させるため、赤ちゃんの頭部が変形すると言う不安点もあるようです。ただし、しばらく経過すると元通りに戻り、赤ちゃんの脳への悪影響もないため、ほぼ安全な分娩方法と言えます。
この分娩方法は、子宮口が開いているにも関わらず、赤ちゃんがなかなか子宮口から出られないケースで使用されます。この分娩方法には多少の問題点がありますが、迅速に実施する必要があるため、吸引分娩が始まったのならば、全て担当医師に委ねましょう。
高齢出産に限らず全ての出産において、自然分娩に拘泥しないようにしましょう。自分自身と胎児の安全性を一番に考えて、最適な分娩方法で出産することをお勧めします。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.