高齢出産の病院選びについて 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の病院選びについて


近年、「助産院」出産の人気が高まっています。助産院出産の魅力は、家庭的な雰囲気の中で自然の流れに任せて出産するという点です。ただし、この分娩方法は、高齢出産には不向きと考えられています。助産院は、病院ではありません。ほとんどの助産院は、いろいろな緊急事態に対応可能な医療設備が整っていないため、高齢出産のような妊娠・出産リスクが高いケースではお勧めできないのです。
高齢出産の場合であっても、家庭的な雰囲気の中の自然分娩を望む気持ちは理解できます。しかし、高齢出産において、最初に考えるべきことは、自分自身と胎児の安全性です。そのため、安心・安全に出産できる産婦人科を選ぶことが重要になるのです。
高齢出産における病院選びの注意ポイントは、可能な限り自宅近辺の産婦人科を見つけ出すと言うことです。妊娠初期は”つわり”に悩まされ、妊娠後期は大きなお腹を抱えて定期検診で産婦人科まで往復しなければなりません。また、突発的なトラブルが発生した場合、迅速に産婦人科で診察・治療を行う必要があります。緊急事態の際には救急車やタクシーを利用するかもしれませんが、そのような場合であっても、自宅近辺の方が重宝することでしょう。
産婦人科の所在地のほかに、高齢出産における病院選びの注意ポイントとして、いろいろな緊急事態に対応可能な医療設備が整っていると言うことも挙げられます。これは、総合病院や個人病院と言った病院の規模にも依存しています。総合病院の場合、緊急時に対応可能な医療設備が整っており、高齢出産でも安心・安全に出産に臨むことができるでしょう。
ただし、総合病院は患者数も多いため、担当医師が途中で変わったり、混雑して長時間待たされたりして、不都合を感じることも多いかもしれません。逆に、個人病院の場合、最初から最後まで担当医師は変わることなく、家庭的な雰囲気の中で出産を行うことができます。ただし、緊急時の迅速な対応は困難を極める恐れもあります。
高齢出産の場合、いろいろな事態を考慮して、自分に最も適した病院を選ぶことが大切です。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.