経産婦と高齢出産 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

経産婦と高齢出産


女性の社会進出が普通になった現代、初産が35歳以上になる方が増えてきています。この事を高齢出産と言いますが、何も初産が高齢だから大変であるとは限らないようです。
既に出産を経験されている方を経産婦と呼びますが、この方たちも高齢出産に対して多くの悩みを持っています。経産婦の高齢出産に多く見られるのは、20代の若いうちに出産を経験しており、その後40代で二人目を出産されるというケースです。最近では年の離れた子供を持つお母さんたちが増えてきているのです。
ここには経済的な事情や社会的な立場から、二人目の出産が遅れたと考えられてもいます。既に出産を経験しているからといっても、高齢出産になる事には変わりありませんから注意が必要になります。
社会的にも落ち着いたり経済的にも余裕が出たりして、「もう人子供がいてもいいな」と思われる方が増えた今、高齢出産で気を付けたい事は体力的な問題です。高齢出産は通常の出産と比べて時間がかかる上に、産後の回復には倍近い体力が求められてもいます。
このため、運動や食事管理などが必要になってきます。年齢的なリスクはもちろんですが、一番気を付けたい事はストレスです。ストレスは体に与える影響が大きいので、いつも解消するように心がけられるといいでしょう。
とはいえ経産婦の高齢出産は子供の教育にも良く、育児の助けにもなってくれるといわれています。高齢出産による喜びは大きいようです。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.