医療現場からみる高齢出産 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

医療現場からみる高齢出産


社会の変化に伴い高齢出産が増えてきた現代、医療現場では様々な事例から多くの問題点に注意するように促してもいます。
高齢出産とは35歳以上の方の初産の事をいい、年齢的な諸問題からリスクが高くなっているのです。医療現場では高齢出産に対して不安を大きく覚える方々に、年齢をさほど気になさらずに出産に望むようにと指導しています。
高齢出産の場合、体力や精神的な面でも抱える問題は多いようで、医師よりもお母さんの方がストレス負けしてしまうケースがあるようです。これらのことから高齢出産に望まれる方に対して、医療の現場では余計な不安を与えないように細心の注意を払われています。
高齢出産で一番注意したいのが、妊娠中毒症です。最近ではこれらの情報が流通している事もあってか、医師らが促さなくても自己的に運動や食事管理をされる方が多いとも言われているのです。
高齢出産では通常の出産に比べて時間がかかり、産後の回復にも時間を要します。医療現場で多く言われているのは、高齢出産でも問題なのは年齢ではなく体力だということです。年齢を気にするよりも、出産に当たって体力づくりは行なわれるのが一番の方法なのです。
高齢出産で悩まれている方は、ストレスが一番良くないことです。年齢的な悩みは必要なく、体力を付けて元気なお子さんを生めるように頑張りましょう。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.