超高齢出産について 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

超高齢出産について


35歳以上で出産をする人のことを高齢出産と言います。今までは、何歳までという決まりは特にはありませんでした。近年超高齢出産という言葉が作られました。この超高齢出産は50歳以上の閉経後の女性の妊娠、出産を指す言葉として使われている用語になります。
妊娠が可能となるのは閉経前までとなります。妊娠、出産は排卵のなくなる閉経後では、常識的には考えられないことでした。しかし、今では医療が進歩したことにより、閉経後の妊娠はあり得ないことではなくなっているのです。どのようなことかというと、精子や卵子凍結する技術が近年著しい進歩を遂げています。
閉経を迎えた女性に人工ホルモン注射を打つことによって妊娠出産が可能になったのです。このような形での妊娠出産は海外の例としてニュースなどで紹介されています。まだ日本ではこの方法での超高齢出産はあまりないようです。このような方法での妊娠出産には賛否両論あるようです。
超高齢出産を行う人には色々な理由があるのでしょう。超高齢出産は、年齢的にもとてもリスクの大きな妊娠出産であることは間違いありません。しかし、子供を望んでいる人にとっては希望がもてる方法となるのではないでしょうか。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.