高齢出産のリスク 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産のリスク


年々高齢出産の方が増え、それに伴って様々なリスクに対する注意や指導が行なわれています。中でも妊娠中毒症に対する予防が重要とされています。
高齢出産の妊娠中毒症とは現在、妊娠高血圧症候群と呼ばれています。妊娠高血圧症候群とは妊娠20週目から起こる高血圧、タンパク尿を特徴とする病気であり、未だに原因は究明されていません。
妊娠高血圧症候群は高齢出産に多くみられ、5%から10%の方に現れると報告されています。今でも母体死亡や周産期死亡の原因となっているのです。これまでの妊娠中毒症に挙げられていたのは「高血圧」「タンパク尿」そして「浮腫」でしたが、2005年に産婦人科学会によって浮腫が除かれて改名されたのです。
高齢出産の時に必ず疑いがないか検査を行なわれるようになっていますが、妊娠高血圧症候群を見分けるために、他の合併症による症状ではないかということが重要な点になっています。
この病気は20代の方にも見られる物なのですが、高齢出産の場合は体重の管理が上手に出来ず、高齢出産の方に倍近くの割合で見られますので、妊娠前からきちんと体重管理は行なっておくといいでしょう。
現在妊娠中の人でも、塩分や高コレステロールの食事を控えて見直し、健康管理を行なう事がお勧めです。高血圧に対する予防としては、年齢による増加はし方ありませんので、それ以上に上がらないようにストレスを解消するよう心がけるといいでしょう。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.