高齢出産に対するよくあるギモン 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産に対するよくあるギモン


高齢出産といわれると、35歳以上の妊婦さんや、これから出産を考えている方は、普通の出産とは違う気がして心配になってしまいます。高齢出産と普通の出産とはどこが違うのか、どんなリスクがあるのか、何歳まで出産できるのか、などがよく疑問に思われる点です。まず、高齢出産と、若い世代の出産に、出産方法の違いはありません。
どちらも、普通分娩か帝王切開で出産することになります。高齢出産に限らず、普通分娩を望む妊婦さんが多いですが、お腹の赤ちゃんのことを考慮して、帝王切開になる場合があります。
母体が若いから、高齢だからというわけではなく、赤ちゃんの状態で決定されますが、高齢出産の場合は分娩に長い時間がかかることが多く、赤ちゃんに負担がかからないようにするため、帝王切開になることがあります。
高齢出産のリスクに関しては、出産には流産、妊娠中毒症、胎児のダウン症などのリスクがありますが、高齢出産の場合はそれらの確立が少し上がってしまうということが挙げられます。
若いからといってその確率が0%になるわけでもなく、誰もに起こりうることなので、あまり深刻になる必要はないでしょう。高齢出産の限界については、子供がほしい方にとっては切実な問題ですが、女性の場合は閉経するまで妊娠の可能性はあります。40代に入ったからといって、あきらめる必要はないのです。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.