高齢出産に関わる各割合 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産に関わる各割合


現代の日本は社会的変化を理由に多くの方が、高齢出産を選択されますが、その為にもここに関わる様々なリスクなどの割合を覚えておくといいでしょう。
女性が社会に出て働くという時代ではなかった昔、医療も発達していなかったことからも、30歳を過ぎた高齢出産をされる方はほとんど見られませんでした。その為、高齢出産には色々な病気にかかる割合が高いとも言われているのです。
高齢出産で問題視されている病気に「妊娠高血圧症候群」という物があり、以前は妊娠中毒症と呼ばれていた物です。これは高血圧やタンパク尿が症状であり、20代の妊娠に比べて1.8倍高の割合が出ています。
また高齢出産の場合に多くの方が悩まれる「ダウン症」に至っては、35歳以上では400人に一人の割合、45歳以上では30人に一人という割合が結果として出されています。
高齢出産の場合、自然分娩よりも帝王切開を勧められて行なう人も多く、流産に付いては若い人でも10人に1人という報告がありますので、高齢出産の場合はもっと割合が高くなります。
高齢出産の場合、仕事との両立などで育児に専念できず、産後の精神的なトラブルを抱える人も多く見られます。このように高齢出産には色々な問題があり、若い世代での妊娠と比べてリスクの大きな物となりますので、夫婦間でよく相談されてから望まれることが一番のお勧めと言えます。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.