高齢出産増加の理由とは 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産増加の理由とは


高齢出産の割合が増えていると言われている現代、その背景には様々な要因が挙げられます。
高齢出産の一番の原因とは、結婚の時期が昔と比べて遅くなっているということです。これには女性の社会進出が関係しており、社会に出て働く事を希望する多くの女性は結婚が遅れているのです。
これに伴って出産が必然的に遅く、多くは35歳以上の高齢出産を経験されるということなのです。もちろん早くに結婚をされていても、仕事上の理由から子供はまだ早いと考えられている方も多くいます。
また高齢出産の方の多くは、経済的な理由も挙げられることが多く、子供を育てる余裕が無い事も深く関係しているようです。仕事的にも経済的にも余裕が持てるようになり、落ち着けるのが35歳ぐらいとなるのは必然的な事でもあるのでしょう。
もちろん自己的に高齢出産となる場合だけ出なく、子供を望んでいるのになかなか恵まれず、長い年月不妊治療をされた結果ということもあります。不妊治療には長い時間を要する上に、精神的な影響も大きく女性に負担をかけます。
これらの理由から現代は高齢出産が増えているのです。もちろんこの他に、落ち着いたから二人目をと望まれて高齢出産になられる方も居ます。生活スタイルが多様化し自由になったことから、高齢出産は増加しているのでしょうが、どちらの場合も体力的な問題がありますので、しっかりと備えておかれるといいでしょう。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.