高齢出産の医学知識について 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の医学知識について


「高齢出産」とは、医学的に”35歳以上”の妊娠・出産のことを指しています。高齢出産の場合、通常出産では行わないような様々な検査を実施するように変更されています。ただし、高齢出産の基点が35歳になったことには、明確な理由は存在しません。35歳以上と言っても、その時点から飛躍的に妊娠・出産リスクが増加すると言うことではありません。30代になった時期から注意しなければならないことが徐々に増加すると言う意味合いです。
ちょっと前までは、35歳以上の”初産”のみを区別して、高齢出産と呼んでいました。今では、初産も経産も関係なく35歳以上の妊娠・出産を高齢出産と呼び、羊水検査や妊婦検診などを詳細に実施するように変わってきています。なお、経産とは、1回以上の出産経験があることです。
以前は、女性の結婚年齢も低くて20代前半で出産する人も多かったようですが、近年は、女性の社会進出も進み、晩婚化や高齢出産が増加しています。また、以前は医療技術も低くて30代以上の妊娠・出産リスクが非常に高かったため、現在もそのようなイメージが根深く刷り込まれているようです。しかし、近年の医療技術の発展は著しく、高齢出産も増加して様々な症例を積み重ねてきたため、妊娠中毒症を含めた様々な合併症を未然に予防することも可能になっています。そのため、現在では、高齢出産であっても、安心・安全に出産を行えるのです。
高齢出産と言うと、数多くの妊娠・出産リスクをイメージするかもしれません。しかし、高齢出産には、いろいろなメリットがあると言うことも正しく理解しましょう。高齢出産と言う言葉だけを意識せずに、妊娠中は肩の力を抜いて、ゆったりとした気持ちで生活することをお勧めします。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.