高齢出産のメリットについて 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産のメリットについて


高齢出産の場合、健康面や体力面の不安要素、または流産などの妊娠・出産リスクのデメリットばかりが数多く取り上げられています。しかし、年齢を重ね、いろいろな人生経験を積んできたことから生じるメリットも多いのです。
20代前半は、社会人となって自分の力で収入が得られるため、旅行や趣味などに費やす人が多いようです。少しでも余暇があれば、自分の好きなことを満喫しているようです。
20代後半?30代前半は、一定の責任を伴う重要な地位に昇進する人も増えてきます。そして、ある程度貯蓄も増加して満ち足りた生活を謳歌し、人生と仕事に自信を深めていく時期でもあります。この年代に結婚する女性も増えています。その中には、しばらくの間二人だけの生活を満喫するために、自主的に子供を作らないと考えている夫婦も多いそうです。
30代後半は、高齢出産と言われる時期であり、妊娠・出産のデッドラインも近付いています。この時期には十分な資産も確保しているため、この時期に高齢出産を行うことで、無理せずにリラックスして出産できるのです。そして、出産後は、経済的にも精神的にもゆとりを持って、楽しく育児に励むことができます。そのため、妊娠・出産、および育児において、若い世代よりも高齢出産の方が、肩の力を抜いてゆったりと取り組むことができる人が多いようです。このような高齢出産特有のメリットもあるのです。
当然のことですが、若い世代の妊娠・出産の方が、健康面や体力面では勝っています。しかし、高齢出産と言われる年齢に達している人の方が、いろいろな人生経験を積んできたからこそあるメリットも多いのです。
今後、若い時期は自分の人生を十分に楽しみ、デッドライン間際で高齢出産を行う女性が増加することでしょう。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.