高齢出産の流産の可能性について 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

高齢出産の流産の可能性について


高齢出産の場合、無事に産まれることなく流産する危険性も非常に高いようです。これは、女性にとって、とても辛いことです
当然のことですが、20歳前半?30歳前半の妊娠・出産であっても、妊娠初期で流産してしまうケースも多くあります。流産は、高齢出産限定のものではありません。ただし、流産する確率は、35歳以上の方が非常に高いと言うことも事実です。妊娠していることが判明し、出産を楽しみにしている人が流産することは、とても悲しいことです。母親は、罪悪感や自責の念で精神的に追い詰められることがあるかもしれません。しかし、そのような事は絶対にないため、深く思い悩まないようにしましょう。
高齢出産に臨む人は、妊娠中も働き続けていることが多いそうです。そのような人が流産してしまった場合、仕事を続けたからと言って強い自責の念で苦しむことが増えています。当然のことかもしれませんが、高齢出産の人にとって、流産は非常に辛く絶望的な出来事かもしれません。しかし、流産の要因には胎児の染色体異常なども有り得るため、絶対に母親が原因であると言うことはないのです。高齢出産の場合、若年層の妊娠と比較して、胎児に染色体異常が現れる確率が高まります。これは、未然に防ぐことが不可能なことであり、どうしようもないことなのです。
流産を自分の責任と考えて、独りで苦痛を抱え込み、思い悩むのは止めましょう。配偶者と十分に話し合い、夫婦2人で乗り越えていくことが重要です。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.