40代以降での高齢出産 〜 高齢出産の手引

main_top_over_navi
main_top

40代以降での高齢出産


35歳以上の出産を高齢出産といいます。年齢的にそれほど変わりのない30代後半と40歳に入ってから出産するのでは気持の持ちようが違うといえます。29歳と30歳ではたった1歳しか違わないのに、年齢を大きく感じるのと同じことだと言えるのではないでしょうか。子供を欲しいと願っている40代の夫婦は、心のどこかで諦めの気持ちもあるのではないでしょうか。
高齢出産を経験している人には40歳を超えてからの人もたくさんいます。よって妊娠の可能性はまだまだあります。羊水検査で染色体異常が見つかるリスクや、流産のリスクが40歳をこえての妊娠では、若い人に比べると高くなるのは事実です。染色体異常の検査を受けたことによって流産という悲しい結果になってしまうこともあります。
高齢での妊娠はリスクが高くなるので、夫婦でよく話し合うことが大切となります。高齢出産となると、母体や赤ちゃんのことを考えて帝王切開と思われがちです。しかし、高齢出産でも自然分娩で半数の人が出産をしています。主治医の判断で、帝王切開か自然分娩で出産するのかは決められます。
自然分娩を希望する人は、主治医とよく相談することです。高齢出産での自然分娩を勧めている病院を探すのもいいでしょう。



Copyright © 2011 高齢出産の手引 All Rights Reserved.